2016年8月17日 (水)

お盆休み、だったけど

お盆休みが今日で終わりです。明日から仕事・・・

今年のお盆休みは一回もバイクに乗らず・・・

頸椎椎間板ヘルニアのため、左手が痺れているためです。

何年か前に発症して、そんなにひどくなかったので、あまり気にしていませんでしたが、最近はずっと痺れています。

少し前は痛みがありましたが、今は痺れだけに落ち着いています。

結構やばい???

 

家でゴロゴロしていたのですが、やはりじっとしていられないので、以前買ったプラモを作りました。

NSR250(加藤大治郎)とYZR-M1(ロッシ)です。

1608171

 

1608172

NSRはアンダーカウル以外は完成。ですが、後ろからみるとチャンバー取り付け位置が微妙にずれています。

シートカウルとの隙間がでかすぎる・・・ 

左手が痺れて、集中力が続かないということで・・・

 

1608173

 

1608174

M1はなぜかシートラバーの部品がありません・・・

部屋中探したけど、発見できず。

あと、スクリーンにウレタンクリアを直接塗ったため、表面が白く曇ったので、「ろっしむみ頑張って」のステッカーごと削り落としました。

このため、ステッカーがありません。

あとゼッケンのデカールを張る順番を間違い、「46」の「4」が一部切れています。

サイレンサーのテルミのデカールは真横から見ると見えません・・・

 

結構ミスっていますが、それなりにできている???と自画自賛(シートラバーがないのは結構痛い・・・)

 

ああ、バイクに乗りたい・・・

2016年7月 2日 (土)

09 YZF-R1 ちょっとだけハイスロ

R1にハイスロつけました。

といっても、R6の純正スロットルに交換しただけですが・・・

スロットルの交換とワイヤー調整だけで、終わりました。

 

1607021

R6のスロットルをつけたところです。

R1純正は黒でしたが、R6は白です。

1607022

次はワイヤーの調整。ノーマルでは12mmぐらい余りがありましたが、余りを無くすことで、ハンドルを切ってもスロットルが戻るようになりました。

1607023

最後にグリップをつけて終了。お気に入りのデイトナの耐震ゲル入りグリップです。少し太くなってもいます。

スロットル部分の見た目は完全に純正のままなので、良い感じです。

ハイスロになったかな???程度の調度良い程度にハイスロ化終了です。

タンクを外して・・・とかの作業を想定していて、朝から気合をいれましたが、30分ほどで終了しました。

私のR1、ハンドルを微妙に高くしているためか、ワイヤーがそのまま使えました。

ラッキーです。

 

2016年6月26日 (日)

またベスト更新

少し前の6/15に平日にも関わらず、岡山国際サーキット走行をしてきました。

リアサスのバネレートをノーマルの100Nmから、いつもの90Nmに戻して、リアサス取り付け部に3mm厚のワッシャーを挟んで、車高を上げました。

1606261

結果は、1分43秒28と0.2秒速くなりました。

リアサスはしっかりフルボトムしてました。

私の乗り方はリアにしっかり荷重を掛けられないためか、リアサスのバネレートは少々低い方が乗りやすいです。

しかし、すぐにフルボトムするので、リアの車高を上げていく・・・という方針ですが、これ以上高くすると、リアサスをフレームと固定する部分のネジ(音叉みたいな部品)のナットとの引っかかりが少なくなるため、無理っぽいです。

フロントを突き出しするか、バネレートを少々高くするか(95Nm?)という対策が必要です。

1606262

1606263

走行後のタイヤ(D212GP)はこんな感じです。

リアタイヤは新品で、走行中の空気圧1.8kPaほどに設定しましたが、少し低いかも。今のペースでは1.85kPaぐらいがいいかもしれません。

フロントは今までリアタイヤの1/3ほどしか減らなかったのですが、今は同じぐらい減ります。

寿命は大凡5時間ぐらい。

空気圧は走行中2.3kPaぐらいに設定しています。

写真のようにガビガビになっています。

無理やり曲がっているからかな???

 

また、一本目・・・なぜか45秒台ぐらいしかでない・・・直線でアクセル全開にしているつもりが、全開にできていませんでした。

前にもこんなことがあったので、そろそろハイスロを入れようと思います。

少しだけハイスロになるように色々と物色中です・・・

2016年5月21日 (土)

09 YZF-R1 また岡山国際サーキット

5/18に仕事を休んでサーキットを走ってきました。

今まではリアサスバネレートは90Nmでしたが、ペースが上がってきたためか、底付きしているようでしたので、今回は、リアサスバネレートを標準の100Nmに変えてみました。

結果ですが、タイムは1分45秒をかろうじて切るぐらい。

どのコーナーでもアクセルを開けにくかったです。

フロントプリロード調整等アドバイスを頂戴しながら、色々と探りましたが、結局リアサス残ストは15mmほどもありました。

乗り方の問題があると思っております。

A級ライダーにコメントいただいたのですが、コーナーで体が動いていないと指摘されました。

なので、リアに積極的に荷重を掛けに行っておらず、リアが沈まない、接地感ない、アクセル開けられない・・・

それから1000ccに乗ってるにも関わらず、パーシャルを使うくせがあります。

立ち上がりでダラダラしてしまうため、リアが沈まない・・・

前回の走行ではたまたま上手くできたのか?今回は意識をあまりしておりませんでした。反省・・・

 

今のレベルでは100Nmは、どうもバネレートが高すぎるようですので、本日90Nmに戻しました。

ですが、そのまま戻しても、リアが動きすぎるので、ちょっと小細工。

1605211

たまたま家にあったM20 3mmtのワッシャーを挟んで、リアの車高アップ。

この状態でリアサスを取り付けました。

1605212

アイバッハの赤いバネのリアサスです。プリロードは10mmほどかけており、最弱で6mm、最強で15mmまでかけられます。

なので、まだこのバネでもうちょっと修行しようと思います。

 

ちなみに外したリアサスは・・・

1605213

バンプラバーが見事に浮いており、ストロークしていないのがバレバレです・・・

 

あと、どこのコーナーでリアサスがストロークしているのかを知りたいので、ストロークセンサー取り付けを検討中。

もちろん自作品ですけど・・・

 

2016年5月 6日 (金)

またベストタイム更新

5/4にまた岡山国際サーキットを走ってきました。

この日はGWの真っただ中&快晴のため、混んでるかな~と思っていましたが、ガラガラ・・・

前日に雨が降ったため、敬遠した方が多かったのかな?

 

写真はないですが、1分43秒49まで一気にベストタイム更新。

今まで、しれーっと走行を心がけてきましたが、これに「メリハリ」を加えるよう心がけました。

 

今のバイクの状態では、リアサスのバネレートが低いので、立ち上がりでパーシャルにすると、どんどん外に膨らんで行きます。

このため、直線区間でアクセル全開にするタイミングが遅れます。

なので、一瞬まってから、アクセルを一気に全開。

どちらにしても外に膨らみますが、この方法の方がアクセルを早く全開にできます。

今回は、Rスプロケ丁数を47戻しましたが、前回の走行で49丁での強烈立ち上がりを経験したためか、躊躇なくアクセル全開にできました。

ベストタイムが出た周でも2コーナーとか、「どこ走ってるねん!?」って感じでしたが、なぜか43秒台。

2コーナーをちゃんと走れていれば、42秒台だったかも・・・

さらに精進し「しれーっとメリハリ」を体得すべし・・・

 

ノーマルバネレート&OH済みのリアサスをゲットしたので、次回はこのリアサスに変えて走る予定です。

ちなみにタイヤD212GPの温間空気圧は

F:2.2kPa

R:1.75kPa

に調整しました。

もう少し熱くなったら、リアの空気圧をもう少し下げた方がいいかも。

それなりに、ズルズルいってます・・・

 

2016年4月 9日 (土)

今年2回目のサーキット走行

最近、更新をさぼっています・・・

4/2に岡山国際サーキットを走ってきました。

今年2回目です。

3月22日に一人で行ってきたのが一回目。

去年から変わった仕様は

・リアサス取り付け部に3mmシムを挿入

・FRPシートカウルに交換

・リアスプロケを47から49に変更

です。

1604091

写真じゃわからないけど、こんな感じ。

タイヤウォーマーはようやく自分で買いました。カピットのやつです。

評判は悪くなく、電話でモトコルセに伺うと修理とか対応してくれるということでしたので、カピット製にしました。

3/22は1分45秒前半で周回して、今年の一回目にしてはなかなかの好タイム。

4/2に二回目の走行をしましたが

・ブレーキリリース時のバイクの倒れ方が速くなった。バンク角が増えている。

・結構ウイリーする。

・コーナー立ち上がりで膨らんでゆきやすい。

などなど、仕様を変えた効果が出ていたことがわかりました。

結果的に、1分44秒02とあっさりとベストタイムを更新。

ファイナルをショートにしているので、コーナー立ち上がり時にリアに荷重かかりやすくなっていますが、リアサスのバネレートを純正より落としているので、外にはらみやすくなっているんですね。

結構ウイリーするので、ファイナルをショートにしても、アクセルはあけられているようです。昔、SP-1で強烈なトルクに慣れたおかげか?

バンク角が増えているのは、コーナーリングのスピードが上がっているため?LAP SHOTのセンサーや、ブーツ先端を擦りまくりです。

たぶん、ファイナルをショートにして、ストレートのスピードが上がって、ブレーキのタイミングや握り具合は変えていないはずなので、コーナーリングのスピードがあがっているのかな?と思います。

が、ちょっとショートにしすぎているみたいで、ホームストレートで5速、チェッカー位置少し手前でレブっちゃいます。

私、ブレーキ開始ポイントが早く、チェッカー位置を少しすぎたところなので、このレブるタイミングは超微妙です・・・

次はリアスプロケを47に戻して、いつもよりギアを下げられるところは下げて走ってみようと思います。

 

あと、リアタイヤはいつものD212GP(ミディアム H998)ですが、指定空気圧は温間最大で1.6kPaとなっていますが、温間1.8kPaまで上げています。

去年にタイヤがすぐガビガビになったのは、色々と話しをうかがうと空気圧が低すぎるためかな?と自分なりに結論付けました。

1.8kPaで走っても、グリップ力は十分ですし、走行後の表面は

1604092

こんな感じで、問題なさそう。

もう少し気温が上がると1.7~1.75kPaぐらいに下げてもいいのかな?と思っています。

 

4/2は初めて一家四人で行きましたが、おにーちゃんに「お父さん、格好良かった?」って聞くと、「ふつ~」・・・

普通ですか・・・。頑張ったのに・・・

2016年2月11日 (木)

'09 YZF-R1 久々の整備

最近、仕事が忙しくて精神的な余裕がない・・・

が、ウダウダしていてもどうしようもありません。

今日は天気が良く、絶好のバイク日和でしたが、乗るのを思いとどまり、バイクの整備をしました。

メニューはエアクリの掃除、リアサスリンク回りのグリスアップとリア車高アップです。

リアの車高を上げるために、フレームとリアサスの上の金具の間にアルミの板を入れます。

このために、タンクを外す必要がありますが、外し方がわからない・・・

タンク後部の蝶番部のボルトを外すのに、どう考えても、工具が入らない・・・

と半分あきらめかけていましたが、横から覗いてみると、フレームにちゃんと穴が開いていました・・・

サービスマニュアルに書いといてくれたらいいのに・・・

色々作戦を考えましたが、これにより、すんなりタンクを取り外すことに成功。

こんな感じ。

1602113

この状態になるまで半日かかりましたが、ここまでくると、楽ちんで、エアクリーナーを外して、ついでにT-REVも掃除して・・・

1602111

 

1602112

サクサク作業が進みます。

DNAのエアクリを使っていますが、購入してから2年ぐらいノーメンテ・・・

DNAのエアクリ掃除キットを使いましたが、正体不明の物体が色々出てきました・・・

ちょっとさぼりすぎました。

 

最後にリアサスを外して、リンク部分のグリスアップ。

取り付けるときはこんな感じに3mmリアサス全長が長くなります。

1602114

この後、バイクを元の状態に戻すと夕方になり、終了。

前後の車高は今度測ろう。

 

ぼちぼちバイクシーズン到来ですね。

まずはリアタイヤを交換せねば。

 

2016年1月 4日 (月)

ハイエースにヘッドライト用LEDランプ取り付け その後

久々の更新・・・

去年10月にIPFのヘッドライト用LEDランプ(H4)をハイエースにつけて、車検を受けました。

光軸調整して問題なく車検を通りました。

カットラインは個人的にはしっかり出ているように思えます。

ハロゲンより明るいし(光のムラはありますが)、パッシングはハロゲンと同じ感覚で行えるし、いいお買い物をしたと思います。

耐久性は今のところ不明ですが、問題ないことを期待したい・・・

 

今年は気になっているハイエースの足回りを少しだけいじくる予定(予算確保済み)。

 

あとは、バイクでサーキットを速く走れるように練習あるのみ。

 

今年もぼちぼち更新してゆきますので、皆さま、よろしく・・・

 

2015年10月24日 (土)

ハイエースにIPFのH4 ヘッドライト用LED取り付け

私のハイエースのヘッドランプはH4のハロゲン。

暗いので一度安物HIDを入れたことがありますが、保障期間が切れた直後に点灯しなくなりました。

それから、またハロゲンに戻していました。

しかし、暗い!!!

フォグランプがついていないので、ここにドライビングランプをつけようか、あるいは国産HIDをつけようか・・・色々と悩んでいましたが、PIAAからH4のヘッドライト用LEDが販売され、その後、小糸、レーシングギア、IPF等からもH4 ヘッドライト用LEDが次々に販売が開始されました。

いずれも車検対応、ハロゲンからはかなり明るくなること謳っているので、ここは何とか流行に乗らないと・・・ということで、かーちゃんを何とかごまかし、ヘッドライト用LEDを取り付けることに成功しました。

たまたま行った近所のイエローハットにIPFのLEDが売っていたので、即購入。

そして、即取り付け(H4バルブ交換と同じ手順で、超簡単)。

写真は無いですが、ハロゲンランプよりかは確実に明るいです。

っていうか、かなり明るい。

車検対応ということもあり、カットラインはしっかりでています(ハロゲンよりかは境界が少しぼやけてるかな?)。

Hiビームもかなり明るいし、ちゃんと上を向きます。

Hiビームインジゲーターも問題なく点灯します。

多分、車検は通ると思います(11月に車検予定)。

ただ、光の均一性が少々欠けているかな?って感じです。

明るい、ちょっと暗い、明るい、ちょっと暗い、明るい・・・という様に照らされます。

一つの発光部には2mm角ほどのLEDのチップが4個ほど(5個だったかな?)ならべてあるのですが、このチップ境界部が暗くなっているのかな~っと勝手に想像しております。

あまり、たいした問題ではないですが・・・。

 

これで早朝にサーキットに行くときも、怖い思いをしなくて済みそうです(今年はもう早朝に行くことはありませんが・・・)。

 

2015年10月 9日 (金)

YZF-R1での今年最後のサーキット

10月4日にYZF-R1でサーキットを走ってきました。

この日は四輪の走行会が2つもあって、二輪走行枠は2Sの2枠のみ・・・

むちゃくちゃ込んでいました。

前回の走行でリアタイヤがケバケバになったので、タイムは狙わず、力を抜いて走るしれーっと走行の練習を行いました。

が・・・

1510091  

一本目の走行でさらにケバケバに・・・

二本走る予定でしたが、戦意喪失です。

一本目走行中もズルズル来ていたので、もうダメ・・・

 

このタイヤからフランス製に変わっています。

コンパウンドはミディアムですが、前回のUK製のときもミディアムでした。

前回は4時間走れましたが、今回は90分だけ・・・

多分コンパウンドがやわらかくなっていると思います。

以前、D212GPのソフトコンパウンドを履いたときも、同じようなケバケバ模様がでたので・・・

D212GP、性能は申し分ないのですが、情報が少ないのが難点です。

DUNLOPさん、もっと日本で情報展開して下さい。お願いします。

走行の条件をなるべく同じにしたいのですが、肝心なタイヤがこんなことになるんだったら・・・タイヤメーカーを変えようかな???

今回のタイヤでも4時間走るつもりだったんですけど、こんな感じになってしまったので、もう走れません。

なので、今年はこれでサーキット走行は終了。

なんか、嫌な終わり方・・・

1510093

ですが、今年の目標としていた1分44秒台がでたので、「良し」としときます。

R1ちゃん、来年もよろしく。

 

R1でのサーキット走行は今年は終わりましたが、TZMではまだまだ走るつもりです。

早速、今日、休みを取って近スポを走ってきました。

平日ということもあり、ほぼ貸切走行でした。

ミニバイク、奥が深い・・・